ホームページの検索エンジン(SEO)対策は、
株式会社シィ・アイ・エフ(cif)にお任せ下さい。

株式会社シィ・アイ・エフ

お気軽にご相談ください!078-200-6546(AM10-18)

シィ・アイ・エフのSEO対策。ロングテールSEO、上質なコンテンツ、内部最適化、上質な外部リンク。

まずはお気軽にお問合せください。

SEOってなんだろう

SEO対策=検索エンジン最適化

あなたはSEO対策のことを「なんとなく大事そう」
「SEO対策にコストをかけたら、いいことあるみたい」
「何ができるのかわからない、詐欺っぽい」なんて思ったりしていませんか?

SEO
=Search Engine Optimization
=検索エンジン最適化

検索エンジン最適化をわかりやすく言うと、GoogleやYahooといった検索エンジンに自分のホームページを、検索エンジンに評価されるように修正したり整えたりする施策です。

SEO対策の目的は「見てもらうこと」

検索エンジンに良い評価されると、キーワードの検索結果で自分のホームページをより上位に表示させることができます。
ではなぜ、わざわざ検索エンジンに良い評価をもらうためにわざわざSEO対策にコストをかける必要があるのでしょうか?
なぜ、検索の順位のためにあくせく努力するのでしょうか?
それは自分のホームページをより多くの人たちに「見てもらうため」です。
せっかく、良いホームページを作ってもSEO対策をせずそのまま放置していても、見てくれる人は少なく、作った努力も結果も実りません。
だから企業はSEO対策にコストをかけ、SEO対策を専門にした企業も多数存在します。

従来のSEO対策の常識は通用しない

そんなホームページを見てもらうため大変重要なSEO対策ですが、現在のGoogleのアルゴリズム(=検索順位をつける際のルール)では従来のSEO対策の手法が全く通用しなくなりました。

まずはお気軽にお問合せください。

被リンク型のSEO対策

かつて企業のホームページのSEO対策として使われていた手法は、
中身の無い被リンクを業者から買う」ことでした。
現在は質の低い被リンクよりも、ホームページの内部を評価するコンテンツ主義へ移行しています。

「過剰な」被リンクによる被害

被リンクは関連があるホームページ同士でリンクを張りあって、お互いを評価します。
被リンクの質、そして量の多さが、検索上位に上げられる要因のひとつです。
しかし、「過剰に」被リンクを張ることで多くの企業が意味のないスカスカのリンクまみれのスパムサイトが量産され、蔓延する原因となりました。
そもそも被リンクを張る目的は「こんな素敵なホームページをもっと知ってもらう」口コミの役割で、うその口コミであるスパムサイトのリンクを大量に張ったところでユーザーは得をしません。
「このままでは、ネットユーザーに有益な情報が行き渡らない!」
スパムサイトを撲滅させるため、GoogleはSEO対策として「過剰な被リンク」を廃止しするために、ホームページの中身(=コンテンツ)を評価するようになりました。それが、ペンギンアップデート(リンクに関するペナルティ)とパンダアップデート(コンテンツに関するペナルティ)とういうものです。
従来はホームページ自体の良し悪しより、どれだけ外部サイトからリンクされているかが、そのホームページの評価基準でした。そしてその評価により、検索順位が決定されていました。
しかし現在は、周りの評価の他に、ホームページの中身が良質かどうかを、Googleが設定した検索エンジンによって評価されます。

コンテンツ主義へ

現在、被リンクなど昔のSEO対策を行ってしまうと、
逆にそのホームページが評価されなくなってしまいます。
では、現在SEO対策として評価される手法はどういったものか?
その手法4つを今回ご紹介します。

まずはお気軽にお問合せください。

上質なコンテンツが大切

上質なコンテンツ(=ホームページの内容)は成果への近道

ユーザーにとって役に立たないホームページは
検索エンジンから評価されません。

つまり…

ユーザーの役に立つ
質の高いコンテンツであることが、
SEOのカギ!

他サイトのコンテンツをコピーしたものではないか
ユーザーにとって無益なコンテンツではないか
ただのリンク集のようなホームページではないか

手法その2内部対策でページの最適化

内部対策では、ページのソースコードなどホームページ内部の記述を最適化いたします。
  • メタタグ、タイトル、ディスクリプションなどhtmlソースコードの改善を行います。
  • ページ内に出現するキーワード比率、
    テキスト量も評価される重要なポイントです。
  • 内部対策をせずにキーワードを詰め込みすぎると
  • 検索エンジンに評価されません。

検索エンジンばかりに気を取られず、
ユーザーにとってわかりやすく、
最適な内部対策を行なうことが必要です。
不自然にキーワードを詰め込むなど、
過剰な対策はせずに、ユーザー目線でSEO対策を練ることが大切です。

まずはお気軽にお問合せください。

手法その3ロングテールSEO

ロングテールSEOは、ホームページに関連したキーワードの中でも、人気が上位のものだけをトップページに設定するのではなく、あまり人気がない検索キーワード
(=ニッチキーワード)をホームページ全体に設定します。
結果、検索結果でより幅広く、購買意欲が高いユーザーを獲得するためのSEO対策の手法です。

  • 「なんとなく人気そうだ」「うちの会社の名前を入れておけば」など、あやふやな理由でキーワードを選ぶのではなく、弊社ではお客様のホームページの目的に合う、キーワードの需要と競合性を調査し選定します。
  • ニッチなキーワードを複数合わせた所謂「複合キーワード」で検索エンジンからの流入を狙います。

よくある失敗として、「キーワードを1語だけに絞ってしまう」
「ショップ名や企業名をメインキーワードにしてしまう」ということがよくあります。
しかし、購入意欲が高いユーザーは複数ワードで検索します。

つまり

よりニッチなキーワードで検索してくるユーザーは、次のアクションを起こしやすいため
効果が期待できます。

ロングテールSEOのメリット

  • 競合性が少ない
  • 絞り込まれたキーワードなので、成果にむすびつきやすい
  • 複合キーワードで購買意欲が高いユーザーのアクセスを集める
まずはお気軽にお問合せください。

自分のホームページから外部のホームページへ張られたリンクのことです。
簡単に言うと、お客様のホームページを応援するサイトです。
上記でいう被リンクに当たります。

過剰に外部リンクを貼ると、
内部対策と同様にマイナス評価を受けます。

シィ・アイ・エフのSEO対策では弊社がご用意した上質なリンクで安心安全に外部対策を行います。

  • 過剰にリンクを貼っている
  • 有料リンクを購入している
  • 衛星サイトを大量に作って
    無意味なリンクを貼ってる

内部対策・外部対策どちらもバランス良く行い、
総合的なSEO対策を目指します。

4つのSEOの手法で、シィ・アイ・エフはお客様のホームページをより多くのユーザーへお届けすることをお手伝いします。お客様のホームページのSEO対策が気になる方、是非一度ご相談ください。
まずはお気軽にお問合せください。

サービス一覧

今までなかった社長インタビューサイト 社長のB面 シィ・アイ・エフのリクルーティングサイト制作 シィ・アイ・エフ 東京オフィス
GooglePartner認定証